医院案内・設備の紹介。歯列矯正なら「大阪 アート 矯正歯科」。

大阪の矯正歯科 東大阪市の歯列矯正 - 大阪アート矯正歯科 ご予約・お問い合わせは 06-6723-4182
治療案内 医院案内 料金案内 よくあるご質問 アクセス ご予約
ホーム > ブログ
トップページ
大阪アートl矯正歯科のこだわり
矯正歯科治療の流れ
矯正歯科の基礎知識
悪い歯並び(不正咬合)の原因
悪い歯並びの種類と特徴
悪い歯並びが原因で起こること
矯正歯科治療で改善できること
かみ合わせチェック
矯正歯科の豆知識
E-ラインとは?
舌の癖と歯並びの関係
指しゃぶりと歯並びの関係
歯が動く仕組み
子供の矯正歯科
小児矯正とは
注意したいお子様の癖
小児矯正で使用する装置
小児矯正Q&A
大人の矯正歯科
成人矯正とは
成人矯正で使用する装置
矯正歯科Q&A
治療例
治療案内(症状一覧)
ワイヤレス(クイック矯正)
ワイヤレス(マウスピース矯正)
舌側矯正(リンガル矯正・裏側矯正)
インプラント矯正
スピード矯正
抜歯矯正と非抜歯矯正
ブライダル矯正
デーモンシステム
ヘッドギア
料金案内
矯正治療費
小児矯正治療費
床矯正治療費
部分矯正治療費
患者さまの声
患者さまの声
医院案内
医院案内・設備紹介
アクセス
スタッフ紹介
院長経歴
求人案内(歯科医師)
求人案内(衛生士・助手・受付)
インフォメーション
初診のご予約
無料メール相談
リンク集
サイトマップ
診療時間ご予約・お問い合わせは 06-6723-4182
各種クレジットカード決済が可能です

スタッフブログ
今西歯科医院
アイインプラントセンター
大阪歯周病センター
大阪入れ歯・義歯センター
求人専用サイト

スタッフブログ

  • ノンクラスプデンチャー

    2018.08.20

    大阪府東大阪市の大阪アート矯正歯科 歯科助手の吉川です。

    暦の上ではもう秋を迎えておりますが、まだまだ暑い日が続きます。

    「入れ歯が見られるのが嫌だ・・・」「自然な入れ歯を考えているけどインプラントは負担が・・・」

    入れ歯を考えている皆様は、友人やお会いした方々に入れ歯だと気づかれたくないと思います。

    そのような患者様に「ノンクラスプデンチャー」をご紹介します。ノンクラスプデンチャーは金具を使用しない入れ歯です。

    ノンクラスプデンチャーは保険診療の入れ歯と異なり、

    金具を使用しないためパッと見ただけでは入れ歯を装着しているかどうかわからないほど天然歯に上手く溶け込みます。

    現在欠けた歯の治療には大きく分けて3つの選択肢があります。その3つとはインプラント、ブリッジ、入れ歯です。

    ノンクラスプデンチャーは入れ歯にあたります。さらに入れ歯の中でも、

    大きく口を開けても入れ歯だと分からないほど自然で美しいお口になる入れ歯なのです。

    さらに素材が軽くて柔らかいため装着感も普通の入れ歯と比較して違和感が少ないため、

    非常にお口にフィットした入れ歯であるということが言えます。ノンクラスプデンチャーは、見た目がとにかく自然な入れ歯です。

    今まで入れ歯を見られて嫌だった方や、それが原因で笑いにくくなってしまった方など、

    入れ歯の見た目で気にされていた方には心からオススメしたい入れ歯です。

    入れ歯を新しく作られたいなら東大阪 長瀬 大阪アート矯正歯科(今西歯科医院)へ

  • 子どもの矯正治療について

    2018.06.30

    大阪府東大阪市 大阪アート矯正歯科 歯科助手の木村です。ご自分が、子供の頃や、思春期に歯並びで悩んだり嫌な思いをしたことはありませんか?顎の形や大きさは親の遺伝を受けることが多いのです。顎が正しく成長しないと永久歯が正しく並びません。そこで顎の正しい成長を促し、健康な咬み合わせをつくっていくことを「咬合の育成」といいます。成長期である小児の矯正治療はこの「咬合の育成」が大きな柱になるのです。多くの方にとって、矯正する上で大きな肉体的、精神的負担となるのは「抜歯」することではないでしょうか?しかし、小児の時期から矯正治療を始めていくことによって顎の成長に合わせた治療が可能になるので、抜歯する可能性がかなり低くなります。「咬合育成」によってお子様にとって負担の軽い、自然な矯正治療が可能になるのです。不正咬合には様々あります。八重歯、出っ歯、うけ口など。それぞれのお口の状態に応じて最適な治療プランを提案します。そして、治療方法、装置の種類、費用、期間などを詳しく説明いたします。お子様の歯並びが心配なら大阪アート矯正歯科へ。

  • 食事と歯並びの関係

    2018.05.05

    大阪府東大阪市 大阪アート矯正歯科 歯科助手の仙波です。新しい生活が始まった方も1ヶ月ほど経って少し余裕が出てきた頃でしょうか?今回は日頃の食事と歯並びの関係についてです。みなさんのうちでは、和食と洋食、どちのメニューが多いですか?子どもに人気のメニューといえば、カレーライス、ハンバーグ、オムレツなど、どうしても洋食系のやわらかいメニューになりがちです。でも、あごがよく発育し、歯並びのよい子供たちは、実は和食党なのです。特に注目すべきところは、朝食です。あごの発育と朝食の内容について調べたアンケート結果では、あごの発達がよい子ども達は、ごはん、みそ汁などの和食で火を使い、野菜を2種類以上取っていると出ました。逆にあごの発達が悪いグループではロールパンとデザートチーズといったように火も野菜も使わないメニューがが多かったのです。和食ではみそ汁などの具に、噛みごたえのある根菜類が使いやすく、おひたしや煮びたしなどに使われる青菜類や干物なども噛む回数が多いといった特徴があります。例えば、にんじん、ごぼうなどの食物繊維の多い根菜類、ひじきや高野豆腐などの乾物、小魚などはかむ回数の多い食材です。ごはんとパンでは、ごはんのほうが噛みごたえは上です。もちろん洋食がだめということではなく、もしパン食を中心にするなら、噛む回数の多くなる生野菜のサラダなどもぜひ添えてみてください。また、子どもが寝坊で起きてすぐでは食欲がないから和食を作っても食べないというお母さんもいますが、こういったお子様の場合は、早寝早起きをはじめとした、生活リズムの見直しも大切です。お母さんも忙しい朝は、どうしても簡単にできるものに頼りがちです。でも、きれいな歯並びの第一歩は朝食のメニューからもつくられるのです。お子様の歯並びが心配なら大阪アート矯正歯科へ

1 2 3 4 5 6 53
ページトップに戻る